So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

民家全焼78歳男性?死亡 兵庫・伊丹(産経新聞)

 10日午前9時20分ごろ、兵庫県伊丹市御願塚の山田敏夫さん(78)方から出火、木造平屋建て約70平方メートルを全焼した。焼け跡から男性の遺体が見つかり、山田さんの妻とみられる女性(77)が煙を吸い軽症。山田さんと連絡が取れなくなっており、伊丹署は遺体が山田さんとみて身元確認を急ぐとともに出火原因を調べている。

 現場は阪急新伊丹駅の南約300メートルの住宅街。

【関連記事】
直撃!交際相手の女子高生に会えず…腹いせ放火男を逮捕
痴話げんかの末、女性に火を付けた男逮捕 大阪
放火容疑で逮捕の俳優、大河「篤姫」にも出演
「消防車が見たかった」森林に放火容疑で男逮捕 栃木
千葉放火殺人・父娘 長女のタバコで自宅全焼、経済的に困窮!?

代表質問 谷垣総裁「バラマキ政策撤回を」(毎日新聞)
シャッター大手に課徴金計55億円=価格カルテル、排除命令も―公取委(時事通信)
<はやぶさ>ヘリ捜索隊、カプセル発見…豪の砂漠に着地(毎日新聞)
福島県浜通りで震度5弱(産経新聞)
総連、朝鮮学校無償化へ攻勢 文科省への電話を指示/ノルマ課す(産経新聞)

巡査長を書類送検=自転車と衝突事故、申告せず―大阪府警(時事通信)

 自転車と衝突事故を起こしながら申告しなかったとして、大阪府警は3日、自動車運転過失傷害と道交法違反(事故不申告)の疑いで、府警松原署地域課の男性巡査長(58)を羽曳野区検に書類送検した。府警によると、「忙しかったので届け出をしていなかった」と話しているという。
 府警によると、3月31日午後7時55分ごろ、署の原付きバイクで松原市天美我堂の市道を走行中、前方から来た男性会社員(33)=同市=の自転車と衝突。男性を転倒させ、けがを負わせたのに、署に申告しなかった疑い。
 男性は右前腕に20日のけが。巡査長は万引き事件の現場に向かう途中だった。事故直後に男性の母親を現場に呼び、負傷の有無を確認したが、「けがはない」と判断し、事件現場に向かったという。事故から約3時間後に母親から同署に問い合わせがあり、発覚した。 

【関連ニュース
親子でビールなど万引き=大阪市職員と母逮捕
車内の男児、外的要因で死亡=頭に打撲痕、慎重捜査
車内に乳児遺体=万引きで逮捕の夫婦の子か
容疑者、パトカーに覚せい剤=連行時「隠した」
万引きで大阪市職員逮捕=09年度だけで20人目

115億円不正流用?ローソン子会社元専務ら逮捕(読売新聞)
児童のわいせつ画像で一斉摘発 8都府県で18人摘発(産経新聞)
<近畿農政局>360万円横領容疑…前係長を懲戒免(毎日新聞)
福山外務副大臣が官房副長官に内定(産経新聞)
<平野長官>官房機密費使途 引き継ぎに慎重(毎日新聞)

キトラ壁画の保存管理場所決まる(産経新聞)

 奈良県明日香村のキトラ古墳(7世紀末〜8世紀初め、国特別史跡)石室からはぎ取られた四神図や十二支図などの壁画について、文化庁の「古墳壁画の保存活用に関する検討会」(座長、永井順國・政策研究大学院大客員教授)は24日、平成28年度に開園予定の「国営飛鳥歴史公園キトラ古墳周辺地区」(同村)内に新たに建設される施設で保存・管理し、公開する方針を決めた。

 ほかに、村内の奈良文化財研究所飛鳥資料館と国宝高松塚古墳壁画仮設修理施設が候補に挙がっていたが、「キトラ古墳に最も近い同公園内の施設で一体的に保存すべき」との意見が委員の総意を得た。

 整備計画によると同公園はキトラ古墳を含み、面積は13.6ヘクタールに及ぶ。国交省が今年度から整備をスタートさせており、建設が計画されている「体験学習館」(仮称)内で管理、公開される見通し。検討会委員の関義清・明日香村長は「大変喜んでいる。新しい国営公園の中心的な施設になる」と話した。

【関連記事】
キトラの朱雀初公開 四神そろい踏みに行列
平城遷都1300年で特別展 入館者増へ火花
四神と十二支壁画完成 奈良・平城宮跡大極殿
蘇ったキトラの壁画石室 複製陶板で凹凸や土質まで
読めますか?悩ましい古墳の名前
虐待が子供に与える「傷」とは?

室生寺金堂、内陣まで特別公開…仏像群を間近に(読売新聞)
哨戒艦事件で危機管理対応指示=原口総務相(時事通信)
【鳩山ぶら下がり】「キョロキョロしていると批判されるので…」(19日夜)(産経新聞)
<武蔵村山市長選>元市企画財政部長の藤野氏が初当選 東京(毎日新聞)
<口蹄疫>新たに5市町9農家で疑い 宮崎(毎日新聞)

過半数割れなら「みんな」などと連携、と渡部氏(読売新聞)

 民主党の渡部恒三・元衆院副議長は15日のテレビ東京の番組で、夏の参院選について、「仮に過半数にならなくても、みんなの党や公明党と連携し、政権を預かる責任がある」と述べ、与党が参院での過半数を確保できなくなった場合は、みんなの党などと連携すべきだという考えを明らかにした。

 渡部氏は、鳩山首相と小沢幹事長が辞任しないまま参院選を迎える可能性が高いという見通しを示したうえで、「小沢君に辞めてくれと言う権限は鳩山君にしかない。80%の国民が(辞任を)願っており、まだささやかな期待をしている」と語り、首相が小沢氏を更迭することに期待を示した。

産直市場・レストラン・洋菓子の複合施設 15日に出雲市にオープン(産経新聞)
仕分け後半戦の対象法人を決定―刷新会議(医療介護CBニュース)
「浜教組への警告文書は適切」文科相が支持 教科書不使用指示で(産経新聞)
架線にトタン屋根=名鉄竹鼻線、運転停止―岐阜・笠松町(時事通信)
新規国債発行額上回らないよう歳出削減−民主マニフェスト企画委(医療介護CBニュース)

鳩山首相 日米のさくらの女王が訪問 オバマ氏親書を持参(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は6日、首相官邸で、全米さくらの女王のマーゴ・フェフェリーさん(24)と日本さくらの女王の大野可那子さん(24)の表敬訪問を受けた。フェフェリーさんはオバマ米大統領からの親書を持参。「日本からワシントンに寄贈された桜が日米友好を取り結んでいる」との趣旨で、首相は笑顔で目を通した。大統領からの親書は毎年の「さくらの女王」表敬では恒例だが、4月の核安全保障サミットで訪米した際、わずか10分間の非公式会談しかできなかったオバマ氏からの親書だっただけに、首相もうれしかったようだ。

【関連ニュース
普天間移設:首相、地元説得の継続確認
普天間移設:首相「県外」断念表明、市長、住民らは反発
普天間移設:首相、沖縄・徳之島案を表明
普天間移設:首相、県内案を表明 沖縄知事に「負担願う」
鳩山首相:4日、沖縄訪問 住民と対話も

<もんじゅ>ナトリウム温度が一時上限値超え 警報が作動(毎日新聞)
赤字のニューズウィーク、売却検討(読売新聞)
海中、ようやく春 和歌山・串本町(産経新聞)
爆発物騒ぎで、男を逮捕=ハローワークに包み置く−長野県警(時事通信)
<命を削る>高額医療の断面 負担軽減、届かぬ情報(毎日新聞)

舛添新党との連携、橋下知事が否定(産経新聞)

 舛添要一前厚生労働相が結成する新党をめぐり、大阪府の橋下徹知事は22日、「(自身が代表を務める地域政党)大阪維新の会は参院選はかかわらない」と述べ、連携を否定した。

 府庁で報道陣の取材に応じた橋下知事は「(舛添氏が提唱する)大阪独立構想は大賛成」と賛意を示したうえで、「民主も総合特区の検討に入ったと聞いた。独立構想と総合特区で競ってもらったらいい」などと述べた。新党結成について「舛添氏から連絡はなかった」という。

【関連記事】
自民衝撃、集団離党…舛添やっと決断、新党旗揚げへ
橋下“維新”府議はやジレンマ 自民が公認候補…党籍除名も
橋下府知事「僕の大号令が必要」 市町村への権限移譲
橋下知事、候補選定は小沢流 殴り込み市議補選「攻撃的な女性だ」
「自民党のエースが夜逃げ」 民主・山岡国対委員長、舛添氏離党に
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

恒例の根津神社つつじ祭り開催中(産経新聞)
トレーラーのタイヤ脱落し炎上 阪神高速守口線(産経新聞)
沖縄戦「集団自決」記述は継続審議 歴博が検討委 (産経新聞)
<北沢防衛相>ヘリ接近中国に再抗議(毎日新聞)
<中大教授殺害>検察側、心神耗弱争わず 整理手続きで方針(毎日新聞)

元社長解任めぐり 投資会社が経営陣提訴 富士通お家騒動、法廷へ(産経新聞)

 富士通の野副州旦(くにあき)元社長(62)の辞任問題をめぐり、「反社会的勢力との関係が疑われる」とされた投資会社が15日、名誉を傷付けられたとして富士通の秋草直之相談役(71)や間塚道義会長(66)ら現職の3人の役員を相手取り、計3億3千万円の損害賠償と謝罪広告の掲載を求めて東京地裁に提訴した。

 投資会社側は「延べ150社以上に1600億円以上の投資実績をあげた業績があるなど、反社会的勢力とは何も関係がない」と反論。野副氏辞任に関連して「富士通側が『反社会的勢力との関係が疑われる』『その疑いを示す資料がある』などと根拠もなく指摘を繰り返したことで、顧客に動揺が広がり重大な悪影響が生じつつある」などと主張している。

 この投資会社は、平成21年2月に始まった富士通の子会社ニフティの売却交渉で野副氏が関与させようとした。富士通側は「複数の金融機関から悪い風評が寄せられた」などとして、野副氏に対し、投資会社と業務上の関係を持つことに難色を示したとされる。ただ、富士通側は「投資会社の名前を公表したことはない」としている。

 富士通広報IR室は「訴状を見ていないので現時点ではコメントできない」としている。

 ■泥沼…社員らうんざり

 日本を代表する大手電機メーカーで明らかになった“お家騒動”が、訴訟合戦に発展しそうだ。「虚偽の理由で辞任を強要された」と主張する野副州旦元社長に対し、富士通側は辞任手続きの正当性を強調するなど、言い分は真っ向から対立。野副氏との関係が取りざたされてきた投資会社が15日、富士通の現職役員3人を提訴したのに続き、野副氏、富士通側双方とも互いを訴え合う構えだ。社員からはため息が漏れる。

 一流企業のお家騒動とあって登場人物は豪華だ。野副氏(社長就任・平成20〜21年)は海外勤務が豊富。半導体事業の構造改革を進め、ライバル他社に先駆けて世界同時不況からの脱却に道筋をつけた立役者だ。

 一方、秋草直之氏(同10〜15年)は、ソフトサービス部門の出身。社長退任後も会長、相談役として同社に君臨してきた最高実力者。実父は電電公社(現NTT)の総裁を務めた秋草篤二氏。

 15日に秋草氏ら現職役員を提訴した投資会社も「1600億円以上の投資実績がある」と、市場での力を誇示する。ただ「すでに風評被害がでている」として、名前がさらされることは固く拒んでいる。

 今回の騒動の発端は昨年9月、富士通が突然発表した野副氏の社長辞任だった。理由は「病気療養のため」とされた。

 しかし、野副氏は今年2月26日、「虚偽の理由で、他の役員から密室で解任を迫られた」として、辞任の取り消しを要求する文書を富士通に送付、お家騒動を表沙汰(ざた)にした。

 野副氏は3月29日、「自身の辞任によって子会社ニフティの売却交渉が停止するなど会社に損害を与えた」として、辞任に関与した役員2人について損害賠償で提訴するよう富士通の監査役会に要求。

 今月7日に開かれた会見では、「虚偽の理由で解任され、人格を傷つけられた。なぜこうなったのか、疑問を解消していきたい」として、役員2人に損害賠償を求める株主代表訴訟を起こす方針であることなどを明らかにした。

 一方の富士通は3月6日、「『好ましくない風評』のある投資会社との付き合いを、取締役らの警告を受けた後も継続したため」と、当初の辞任理由を訂正した。

 その上で、野副氏の主張に反論する形で、今月14日には間塚道義会長(同21〜22年)が会見。「密室で辞任を迫った事実はない」と、野副氏の主張を真っ向から否定した。さらに、「野副氏の会見などで会社に損害が生じたと判断すれば損害賠償請求する可能性がある」と、提訴の構えを見せている。

 旧現の会社幹部らがかかわったお家騒動に、社員らはうんざりだ。「取引先から『どうなっているんだ』といわれ、困惑している」(営業中堅社員)。「一刻も早く収拾してもらいたいが、長引くんだろうなぁ」(総務幹部社員)といった声が漏れている。

【関連記事】
食い違う言い分、“訴訟合戦”の様相…富士通の辞任騒動
「取締役会で解職を決議すればよかった」 富士通会見
野副氏に対する法的措置も「検討している」 富士通が会見
野副元社長辞任要請の理由は「ファンドの風評」 富士通が会見
「密室で辞任迫らず」 富士通が“お家騒動”で釈明
外国人地方参政権問題に一石

遊歩道のチューリップ、500本折られる(読売新聞)
「メール下さい」のノエビア元副社長、初公判(読売新聞)
首都高でもエコカー割引検討=新料金制で、前原国交相(時事通信)
事故調漏洩問題で検証Tが会合 JR西幹部、謝罪とともに釈明も(産経新聞)
徳之島の移設反対集会「一つの民意だ」 鳩山首相(産経新聞)

田辺三菱「安全軽視」繰り返す不祥事 旧ミドリ十字の体質(産経新聞)

 過去に何度も薬害を起こし、もっとも医薬品の安全に気を配らなくてはいけない企業に、また不祥事の歴史が加わった。厚生労働省から13日、業務停止と再発防止を命じられた田辺三菱製薬(大阪市)と子会社バイファ(北海道千歳市)。厚生労働省は「旧ミドリ十字の安全性軽視の企業姿勢が残っていた」などと問題点を指摘する。過去の薬害被害関係者らは怒り心頭だ。なぜ、不祥事は繰り返されるのか−。

 ■進退明言せず

 「(今回の)不適切な行為は、生命にかかわる医薬品企業としてあってはならないもの。社会の皆さまに対して深くおわびします」

 13日夜、東京都内のホテル宴会場。報道陣のカメラのフラッシュが激しくたかれる中、こう陳謝した田辺三菱の土屋裕弘(みちひろ)社長は、バイファの藤井武彦社長や田辺三菱の幹部らとともに、深々と頭を下げた。

 昨年3月に試験データ改竄(かいざん)が明らかになった際「改竄は組織的ではない」との見解を示していたことを問われると、「部門内で組織性を持って複数の人間がかかわっていたことはいえるが…会社ぐるみとはいえないのではないか」と苦しい説明をする同社幹部。社長を含めた幹部の進退問題については「今後検討していく」と明言を避けた。

 ■倫理観の欠如

 両社幹部の謝罪会見に先立つこと1時間前。同じホテル内では、問題の検討を行うため田辺三菱が設置した第三者委員会「メドウェイ問題社外調査委員会」の会見が行われていた。

 「(問題の)直接的原因は、旧ミドリ十字で繰り返された不祥事で指摘された利益重視、安全性軽視の企業姿勢にある」。同委員会委員長の郷原信郎弁護士は会見で調査結果の結論をこう説明する。

 かつて、薬害エイズ事件を引き起こすなど不祥事が相次いだ旧ミドリ十字。バイファは、同社の子会社として設立され、最終的に田辺三菱の傘下に入ったという経緯を持つ。

 調査報告書によると、今回の治験データ改竄が行われた血液製剤事業も、ミドリ十字出身者が中心となって行われていたという。そのうえで報告書は、問題が起きた背景として、事業計画の段階でコストを最小限に抑え製品開発を行おうとしていた▽製造承認が大幅に遅れていた▽個人レベルの倫理観、規範意識の欠如があった−ことなどを挙げている。

 ■特殊な血液製剤

 では、なぜ、バイファにミドリ十字のあしき社風が残ってしまっていたのだろうか。

 田辺三菱の幹部は会見で「血液製剤事業の技術は特殊で、この分野にたけていたのは、旧ミドリ十字の人が多かった。結果的に(血液製剤の)部署にはミドリ十字関係者が多くなってしまった」と説明する。

 さらに報告書や同社幹部は、創立時の社長は血液製剤に詳しいミドリ十字出身者で今回の問題を認識していた可能性があるものの、表面化させることはなかったと指摘。その後就任した社長は血液製剤への理解が乏しいこともあって問題を認識できず、親会社の田辺三菱も問題を放置する結果になったとしている。

                   ◇

【用語解説】田辺三菱製薬

 三菱ケミカルホールディングス傘下の医薬品メーカー。主力の医療用医薬品だけでなく、一般向けのドリンク剤などにも力を入れている。平成21年3月期連結決算の売上高は4147億円。子会社も含めた21年12月末の従業員数は9350人。C型肝炎の原因となった血液製剤を製造、販売した旧ミドリ十字を引き継いだ三菱ウェルファーマと、田辺製薬が19年10月に合併し誕生した。旧ミドリ十字は戦時中に生物兵器などを研究した731部隊の人脈を受け継ぎ、薬害エイズ事件も引き起こしている。

                   ◇

【用語解説】医薬品製造販売業

 医薬品の製造販売には都道府県知事の許可が必要。医師の処方箋(せん)が必要な医薬品を扱うのは第1種、処方箋が不要で薬局などで買える医薬品は第2種と分かれている。厚生労働省によると、第1種の許可を得ているのは約250社。田辺三菱製薬は処方箋が必要な薬246品目を扱っており、今回、製造販売停止処分になるのは、処分の影響が大きい7品目を除いた239品目。

ストーカー、被害届前に逮捕も 警察庁が方針通達へ(産経新聞)
コウノトリ 野生と放鳥のペアからひな 兵庫・豊岡の公園(毎日新聞)
JASマークを無断使用=「深大寺そば」の製粉会社−容疑で社長ら書類送検・警視庁(時事通信)
しろまるひめが住民登録=兵庫県姫路市〔地域〕(時事通信)
天皇陛下、種もみをお手まき(産経新聞)

「立ち枯れ」「ガンダム」「敬老会」 新党「たちあがれ日本」の連想(J-CASTニュース)

 平沼赳夫氏ら70歳前後のメンバーで立ち上げる新党のネーミングが話題になっている。

 「立ち枯れ日本?」「敬老会みたい」などと政界やネット上で揶揄する声が多い。しかし、話題作りには成功したようだ。ゆるキャラ「せんとくん」のような人気になるのか――!? 。

 「たちあがれ寿」「始まる前から終わってる・・」

 新党の名前「たちあがれ日本」が報じられると、ネット上では、ネーミングのセンスなどを揶揄する声が続出した。

■平均年齢69.6歳、自らに呼びかけ?

 それもそのはず、平沼赳夫元経産相(70)ら新党に名前が挙がっている5人の平均年齢は、69.6歳。このネーミングだと、日本国民に対してより、自らに対して呼びかけているようなイメージに取れるというのだ。

 報道によると、ネーミングの主は、芥川賞作家でもある石原慎太郎東京都知事(77)だという。その由来については、平沼氏とともに代表格となる与謝野馨元財務相(71)は、民主党を批判しながら、「ここでひと踏ん張りして、いい社会をつくるためにわれわれは立ち上がった」と説明。結党メンバーの園田博之元自民党幹事長代理(68)は、「日本の危機を訴える党名だ」と強調している。

 「たちあがれ」とひらがなにしたのは、2010年夏の参院選・比例代表で候補者を擁立するため、分かりやすい党名にしたかったからという。

 ネーミングについては、ネット上ばかりでなく、政界でも格好のネタにされている。

 同じ第3極になる「みんなの党」の渡辺喜美代表は、会見で記者から質問されると、「立ち枯れ日本?」と聞いて、笑いを取った。若いパワーが必要と苦言を呈し、連携も否定した。このほか、「家出老人が増加して自民党が気の毒だ」(民主党の渡部恒三元衆院副議長)、「敬老会みたい。囲碁を指して終わりみたいな」(東国原英夫宮崎県知事)といった声も上がっている。

■与謝野氏秘書「反論も何もございません」

 新党「たちあがれ日本」の政策面でも、批判的な声が多い。

 郵政民営化を巡っては、与謝野馨、園田博之両氏が小泉政権で民営化を推進したのに対し、平沼赳夫氏らは民営化法案に反対した造反組だ。さらに、保守色の強い平沼氏に対し、与謝野氏がリベラル的立場とされるなど、イデオロギー面でも一致できるのかと、疑問点が指摘されている。

 もっとも、平沼氏らは、打倒民主党で一致し、民営化でも、ゆうちょ銀行などの株式を売却しない見直し方針でまとまった、などとは報じられている。

 ネーミングが話題になっていることについて、平沼氏の東京事務所秘書は、2010年4月10日の結党時に質問があれば答えると言うのみだった。党名を変えるかどうかについても、「まだ正式に発表したわけではありませんので、コメントはできません」としている。

 ネット上では、ネーミングの由来について、人気アニメ「機動戦士ガンダム」を連想させるとの声が相次いでいる。それと何か関連があるかについても、「まだ何とも言えません」とのことだった。

 また、与謝野氏の事務所秘書は、ネーミングについて、「反論も何もございません。いろんな思いの方がおられるので、いちいちコメントするつもりはないです。党名をどうするかなどについても、今の段階では答えられません。正式発表の時を待って下さい」と言っている。


■関連記事
平沼新党「たちあがれ日本」 立ち枯れ日本?たそがれ? : 2010/04/08
蓮舫「元々日本人じゃない」 平沼発言に批判集中 : 2010/01/18
「ポスト麻生」に急上昇 与謝野馨とはどんな人物なのか : 2009/02/23
在住邦人が罹る心の病、「パリ症候群」って何だ? : 2010/04/08
なぜJTBは「就職人気ランキング1位」なのか : 2010/04/08

<将棋>羽生3連覇か、三浦初奪取か…8日から名人戦第1局(毎日新聞)
携帯かゆみ・虫刺され薬「プチウナコーワα」を新発売―興和(医療介護CBニュース)
地元の了解「政府に任せて」=岡田外相、米国防長官に約束(時事通信)
CO2削減を義務化=国内初、ビルや工場が対象−東京都(時事通信)
<火災>民家全焼、男女2遺体見つかる 長野・佐久穂(毎日新聞)

麻生前首相、きょう訪台(産経新聞)

 自民党の麻生太郎前首相が5日から4日間の日程で台湾を訪問することが4日、分かった。民間人の招きによるもので家族とともにプライベート日程として訪台する。政治事情視察を目的として国会に届け出されている。

 首相経験者の訪台は珍しく、平成4年3月に福田赳夫元首相が訪れたほか、森喜朗元首相が15年12月に知人の墓参とラグビーワールドカップ日本招致の協力要請、18年11月には台湾当局から勲章を受けるため訪問したことがある。

 一方、麻生氏は15年4月、党政調会長時代に超党派の国会議員団の団長として訪台。当時の台湾与党・民進党との交流シンポジウムに出席し「日台が安全保障で議論することは意義がある」などと意見表明した。

<都営新宿線>急行に接触し男性重体、30本運休(毎日新聞)
自民・園田氏、谷垣総裁に離党届提出(読売新聞)
二重投票、「想像もせず」=鳩山首相(時事通信)
若林氏辞任 参院議長が激怒「悪用どころかバカ用だ!」(産経新聞)
小声で「間違いありません」=初公判で元首相秘書−東京地裁(時事通信)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。